ブログ

NPO友愛会のブログです。

 

ブログ一覧

友愛会の支援者への手紙 32

 

言葉にならない

苦難の中にある人ほど他の人の苦難を想える。
15年以上前のことである。
友愛会が活動をはじめてまもない頃、一通の手紙が届いた。
封筒の裏を見ると、「静岡県御殿場市…神山復生病院…病棟…」の字が目に飛び込んできた。
神山復生病院は、およそ120年前に日本で最初にできた民間のハンセン病療養所がその前身である。
1996年、ハンセン病の方々を隔離し続けた「らい予防法」の廃止に伴い、神山復生病院でも「らい病床」は「一般病床」に編入された。
1906年にできた法律「癩予防ニ関スル件」から90年にわたり、この国はハンセン病の方を隔離し、差別し、家族を奪い、子を奪い、名を奪い、人生を奪ってきた。彼らが受けてきたあまりにも酷い仕打ちは筆舌に尽くし難い。
送られてきた手紙はとても短いものだった。
「友愛会の活動を知りました。そして山谷の労働者や路上に生きる人の現状も知りました。少ないですがお役立てください」
わたしは言葉を失った。
封筒には紙幣が数枚入っていた。
いつも思い、いつも言うのだが、私たち友愛会の活動は、とてもつつましく小さな活動である。
それは活動の規模のことだけではない。
知らず知らずのうちに、思いの狭きことや道を誤りそうになること、われを見失うこと、そして人の心を傷つけることもしてしまっている。
そんな自分たちを省み、言葉を失うのである。
私たちは、体も心もあまりにも矮小であると。
だからこそ、できることをできるだけ、思えることを思えるかぎり…と言い聞かせる。
その数枚の紙幣に報いるためにも。

2018年05月20日

友愛会の支援者への手紙 31

 

「本当」とは何か

友愛会の施設で暮らすAさんとBさんはとても仲がよい。
毎日、朝ごはんの後にAさんはBさんの部屋に行き、一緒にテレビを見ながらいつもあれこれ談笑している。
Aさんは肺を患っていて酸素が手放せない人なのだが、Bさんの部屋に酸素ボンベを引きながら行くのである。
一方のBさんは足が不自由な認知症の人である。
読書が好きで、いつもスタッフに頼んで図書館から本を借りてきてもらっている。
笑い話であるが、たまに本が上下逆さまになっているのに読んでいることである。
認知症だからそんな面白いこともしてしまう。
面白いと言えば、仲の良いこの二人の関係にも面白い“いきさつ”がある。
Aさんの方が友愛会での暮らしは少しばかり長く、どちらかと言うと無口な印象の人であった。
テレビに向かってあれこれ批評は言っているが、他の利用者さんたちと談笑する姿はあまり見たことがなかった。
そんなある日、Bさんが入所してきた。
入所してきて間もなくのこと、Bさんの部屋から何やら話声が聞こえてきた。
Bさんのちょっと怒ったような声が聞こえてきたので覗きに行くと、Aさんと話している。

A「俺のこと忘れちゃったの?」
B「しつこいなぁ」
A「前に○○○で一緒にいた…」
B「覚えてない」

その後もAさんは何度となくBさんの部屋に行ってはそんな話を繰り返している。
もともと二人は知り合いだったけど、Bさんは認知症なので忘れてしまったのかもしれないとスタッフは思っていた。
しかし、後になって分かったのだが、どうやらAさんが人違いをしていたのだ。
二人は過去にまったく面識がないとのこと。
それでも毎日のようにAさんはBさんに話しかけているうちに、そんなことは関係なくなってしまった。
いつの間にか昔からの腐れ縁のような掛け合い話をしている。
そんな“いきさつ”を知ったある人が言った。
「本当じゃなかったのに本当になったんですね」
『本当』って何をさすのでしょうね。
友愛会のある山谷地区は日雇労働者の街として長年栄えてきた。
被差別的で下層的なイメージもあるのかもしれないが、片や裸一貫で喰っていける街でもあった。
そんな山谷では、過去を消して偽名で生きている人も少なくなかった。
わたしの山谷の友人たちにもそんな人が多かった。
しかしその名を“偽りの名”とは思ったことがない。
わたしの知っているその人の名は、唯一その名である。
私たちはもしかしたら『本当』と『嘘・偽』という言葉を使う中で、実は大した意味のないこだわりに縛られながら生きていることが多いのかもしれないと思ったりするのである。

2018年05月01日

友愛会の支援者への手紙 30

 

よすが

友愛会の宿泊所にくる人は本当にさまざまである。
認知症の方、知的・発達障がいの方、ガン末期や難病の方、アルコールや薬物依存症の方、統合失調症や他の精神疾患の方、刑期明けの方、妊娠している方、DV被害の方、経済的問題を抱えた方、これらのことが重複している方…etc.
一人ひとりにそれぞれの「生きづらさ」があって、何かしらの縁で友愛会にくることになったのである。
そんな中、ほぼすべての方に言えることは「よすが」がないということ。
「よすが」なんて言葉は最近聞きなれないであろうか。
“身や心を寄せて頼りとするところ(人)”、“頼みとするところ(人)”、“手がかり”、そんな意味合いの言葉である。
親類縁者だけを指す言葉ではない。
友人知人なども含め、頼れる人がいないということ。
金八先生(武田鉄矢さん)の有名なセリフに、「『人』という字は、支え合って…」というのがある。
本当に「よすが」がないということは、「行き場所」だけでなく「生き場所」を失わせる。
私たちは家族になれるわけではない。
友人にもなれるかわからない。
場合によっては良好で安定した関係なんて作れず、関係性が破綻してしまうこともある。
人間関係というのは本当に難しいものである。
でも、友愛会に訪れる方の中で一人でも多くの方の「よすが」にはなりたいとは思うのである。
彼ら自身の暮らしと生を全うする上での小さな“手がかり”になれるならばと思うのである。
そんな友愛会の活動の日々である。

2018年04月20日

友愛会の支援者への手紙 29

 

偶然と必然

対人援助の場面で働く人は誰しも何度も自問自答するであろうこと。
『人を変えることなんてできない』
しかし、そんなことを分かっていながら、相手の変化を期待し、期待にとどまらず変えようとしてしまうのもまた、私たちに多いことである。
往々にして、人が変わるとすれば、それは私たちからみると”偶然の産物”であろう。
Aさんは、アルコール依存症で30代から毎日酒を飲み続け、既に70歳を迎えようとしていた。
山谷地区の労働者として長らくドヤ(簡易旅館)暮らしをしてきたAさんは、50代後半からは慢性疾患を患い、入退院を繰り返し、生活保護での生活となった。
身寄りもなく、不自由な身体で、しかもドヤの3畳にも満たない狭い部屋ですることもない毎日が続く。
唯でさえ酒好きなAさんがお酒に逃げないではいられなかったのは当然とも言えよう。
60代半ばを過ぎて、年齢的にも体力が衰え、酩酊して転倒し、怪我をして救急搬送という話も増えてきた。
そんなある入院中に、Aさんに「友愛会の宿泊所に入ろう。ドヤでの一人暮らしは心配でならないから」と伝えると、以外にもあっさり了承した。
ドヤでの自由気ままな暮らしが良いと拒否するかもと思っていた私は、ちょっと驚いたが、今思えば「寂しさ」の方が彼を苦しめていたのかもしれない。
そんなAさんが友愛会の宿泊所に入所するにあたり、飲酒の問題をどうしようかとスタッフの中には悩んでいた者もいた。
しかし、Aさんは入所後一度も飲酒しなくなった。
ある日Aさんに尋ねると、「飯が旨くてね。酒飲まないでもいいんだよ」と言った。
友愛会の小さな宿泊所は、料理を準備する音や調理中の匂いが自室にいても感じられる。
そういえばAさんは、入所してからずーっと「ご飯を最初に呼んでくれ」と言っていた。
何をしても飲酒が止めれなかったAさんは、素朴ながら温かいご飯とみそ汁、それを調理している雰囲気でお酒を止められたのだ。
これは、偶然である。
私たちが意図して行ったことではない。
人が変わるとすれば、そんな偶然なのかもしれない。
ただ、その偶然と思えることの必然性にも思いを馳せる。
彼にとっては「匂い」と「味」が『安心できる雰囲気』であったのであろう。
私たちはその『安心できる雰囲気』を大事にすることが隠れた意味での必然となると思うのである。偶然を生むための必然を忘れないことが私たちにできることなのだろう。

2018年04月07日

友愛会の支援者への手紙 28

 

やさしさについて

やさしいって何なのでしょう。
十分に言いあてられないが、
「その人のためになるなら…」
「その人の幸せにつながるなら…」
という思いでしょうか。
そうであるならば、これは実に難しい。
思いは伝わることもあれば伝わらないこともある。
そして、思っていなかったのにあるように伝わることもある。
そして、そんな伝わりの間違えの中で、人は憂える。
そういえば、「やさしい」は「優しい」。『人』に『憂』と書く。
“人が憂える”あるいは“憂えに寄り添う”と解釈されているようだ。
友愛会で、色々な人とのかかわりの中で活動していると、“人が憂える”といった解釈にうなずく自分を感じる。
前述した“伝わらないもどかしさ”の中での「憂え」もさることながら、自分自身の「嘆き」や「不安」、「病み」があるからこそ、人のそれらに思いを巡らせるのであろう。
スタッフの中でよく話すことがある。
「自分自身の人生の中で、挫折や後悔、羞恥、理不尽、苦痛、遺恨などがあったからこそ、かかわる人のそれらが想像できる。それら『憂え』と言えるものがその人にどんな思いを抱かせているか想像できるからこそ、今この活動をしているのだろう」…と。
でも、こんな風に哲学しなくてもいいのではないか。
ただやさしくあって、人のやさしさを素直に受けられる、それだけでいいのではないだろうか。
その人に思いをむけることこそが、得体がしれないと思える「やさしさ」そのものだと思う。

2018年03月23日

友愛会の支援者への手紙 27

 

答えなんて…

十数年の活動の間に、数十人の妊婦さんが友愛会の宿泊所を利用された。
ほとんどの方は一人身である。
そしてほとんどの方が出産後母子だけの生活で子育てしていけるのか不安を感じる状態である。
それは、母親が育児をするにはやや重度の精神障がいや発達障がいを抱えていたり、子に対する愛情があまりにも希薄であったり(それまでも何児かを生んでいて育児放棄しているなど)といった状況が重なっているためである。
友愛会を利用する方は身寄りがない方がほとんどである。
つまり身寄りのない母親が子育てをできないならば、その子は誰によって育てられるのか…。
乳児院や養護施設、里親、はたまた育児困難と思える母親が“育てる”こともあるのか。
その子にはどんな将来が待っているのか…。
いつも深い悩みに陥ること。
生む親の側についての我々の整理のつかない思い。
生まれてくる子についての我々の勝手ながら底知れぬ不安と心配。
答えなんてわからないことは、世の中にも、我々の人生にも、山ほどある。
自分たちの「価値観」や「一側面的な正論」どおりになんてなりえないことは、世の中にも、我々の人生にも、山ほどある。
答えなんかわからないことだらけである。
そして、我々の出そうとする答えなんて左程の意味もないのかもしれない。
ただ、その親のことで手伝えることをし、祈るのみである。
ただ、その生まれてくる子が少しでも元気に生まれてこられ、少しでも元気に生きていけるために手伝えることをし、祈るのみである。

2018年03月16日

友愛会の支援者への手紙 26

 

伝える

私たちの仕事は「選択肢の提供」だと思う。
何度となく色々な場面で話してきたことである。
本人が決めていく「生き方」に、私たち援助者はより多くの選択肢を伝えていくことが大切なのだと。
伝えていくこと…。
そう、しかしながら「伝える」ことがあまりにも険しく困難なことが多々ある。
知的障がいや精神障がいなども、それを困難にする要因となることもある。
認知症なども同様である。
そして、そういった障がい性や疾患ではなく、“その人のスタンス”や“価値観”も「伝える」ことを阻害することがある。
語弊のないように説明すると、それはこちらが正しくてあちらが間違っているということを前提とした話ではない。当たり前ではあるが、「伝える」ことは、投げかける人と受け取る人がいてはじめて成立することなんだと、いつも痛感するのである。
たとえば、利用者さん同士で些細なことから諍いになることがある。
Aさんはとてもきれい好きな方で、台所に水滴一つ付いていないほどきれいに使う人。
Bさんは大雑把ではあるが、特に汚く使うわけでもなくそれなりに片づけもしている人。
そんな二人の間で、洗い場の排水口がきれいにされていないことを発端に口論となる。
Bさんがたまたま一度排水口の掃除を忘れていた。
Aさんは、Bさんがルールを守らないと言う。
壁には、「台所は皆で使うところだからきれいに使いましょう」と書いてある。
そのルールをBさんが破ったのだからBさんが悪いと。
Bさんも謝った。しかし、そのことを皮切りにしてAさんは、Bさんの「ダメなところ見つけ」をするようになり、それがエスカレートしていく。
その状況にスタッフは仲裁に入る。
色々な人がいること、一般的に誰が見ても汚いと思える状況ではないならそれでよいのではということなどを話す。
Aさんはくってかかる。汚くしているのはBさんだと。壁に貼ってあるルールを何故守らない人を庇うのかと。
皆で住んでいるところだから、お互い自分の価値観を押し付けないようにしなくてはと諭しても、Aさんの耳には入らない。
私は間違ったことは言ってない。何故私が注意され、諭されなくてはいけないのかと。
Aさんが友愛会の宿泊所に入所するまでの経緯では、このような諍いで仕事でもプライベートでも家族の中でも、人間関係を壊してきたことが大きな要因として考えられた。
どんなに伝えようとしてもAさんはこちらの言わんとする意図をくみ取ろうとしない。
「私が間違ったことを言っているのか」と。
上手く伝えきれない結果、AさんとBさんを別々の環境(友愛会は宿泊所を複数持っているので移動してもらう)に離す。
それは、もちろん根本的な解決にはならない。
Aさんはまた別の誰かとそういった諍いを起こす。
現実として「伝わらない」ことなんて山ほどあることを、もちろん私たちは知っている。
それでも懲りもせず、いつか「伝わる」のではと思いながら「伝え方」を悩み続けるのである。

2018年03月09日

友愛会の支援者への手紙 25

 

生活困窮者支援を続けてきて

友愛会が活動をはじめて18年になる。
35年以上前から山谷地区で炊き出しや無料診療所活動を続けてきた『山友会』から「住むところ」の支援をする部門として暖簾分けしたのが始まりである。
路上生活者をはじめ、身寄りがなく、あらゆる理由で生活に困窮する人たちの居住支援・生活支援の先駆け的な活動の一つとして活動を続けてきている。
このところよく質問されるのが「友愛会は人権擁護団体ですか?」というもの。
ちょっと違う気がします。
社会的弱者を助けているのだと言えるほどの活動はできているとは思えませんし、そう思って活動しているのかというと少しニュアンスが違う気がします。
私たちがかかわっている人たちはとても多様です。
当たり前ですよね、同じ人なんていませんから。
ただ、そういう意味だけでなく「弱い人」も「弱くない人」もいるというところでも多様です。
ちょっと語弊があるような表現でしたが勘弁ください。
たとえば、あるアルコール依存症の方がお酒を飲むために色々な策を巡らせます。
だましたり、泣き落としたり、他人のせいにしたり。そして、その都度、居直り、悪びれずに繰り返します。
もちろん、依存症自体が病気(障がい)として飲まずにいられなくなっているので、この行動や考え方自体がイコール「ダメな人」と見ては欲しくありません。
私たちがご飯を食べ、小便をするような生理的欲求と同様に飲酒欲求を持ってしまっている病気(障がい)なのですから。
ただし、その病気のため、本人は”したたか”に生きている部分があるのも事実です。
自分一人では回復しきれない病気(障がい)、そしてそのために受ける差別や偏見という「弱さ」を持っている一方、あきらめや居直りの中で作っていった”したたかさ”であったり、”自分さえよければよい”というちょっと困った「弱くない部分」も持ち合わせていることが多いのです。
何度も言うように、もちろんその「弱くない」部分も病気(障がい)やそれを抱えて生きていく中で身に付けざるを得なかったということもあります。
それでも、社会一般的に考えれば決して酌量できないほど「自分勝手」な行動であったり、「わがまま」な考え方であったりするものを持ち合わせているのも、側面的に事実だと小職は思います。
アルコール依存症の方のみならず、生活困窮者支援を続ける中で、「擁護」だけをすることが支援ではないと気づかされることが多々あります。
このホームページの「活動への思い」にも書かせていただいていますが、『私たち友愛会のつつましく小さな活動が、社会の側の理解、生き場所を失っている彼らの側の理解、といった双方への働きかけと、悪循環の中で育つ不条理への一解決となれば…』と思っているのです。
彼ら自身が、自分自身の「周りから見て良くない部分」や「気づかなくては生きづらいままになってしまう部分」への理解を求めることも、私たちが活動の中でいつも考えていることです。
「支援」とは、決して「弱い部分」に焦点化してたすけるだけではないと思っています。「弱くない部分」とりわけ「気づき・改めた方が良いのではと思える部分」に対して伝え続けることも「支援」だと思っています。
『弱い人』もいれば『弱くない人』もいます。そして、『弱い部分』もあれば『弱くない部分』もあります。
『弱い人』や『弱い部分』には、一般で言うところの「たすけ」は必要でしょうし、私たちもそういった活動を続けています。
かたや『弱くない人』や『弱くない部分』には、「伝える」ことが必要です。
だからこそ、私たちの「支援」にはまず、向き合うことが必要なのだと思うのです。

2018年03月02日

友愛会の支援者への手紙 24

 

柔らかくありたい

多分、『知恵』とは柔らかな思考の産物なんだと思う。
そこには“絶対”という言葉は存在しない。
自分の知っている『知識』の中だけに「正解」や「正しさ」、「正義」といったものがつねにあるなんて言う“絶対”はないとおもうのである。
頑なにならず、柔らかくありたいものである。
そこに、もちろん“絶対”ではないであろうが、“より”正しい方へと歩んでいける『知恵』が生まれてくると思う。
それは「正しいものは一つしかない」のか「正しいものは一つじゃない」のかと言った疑問の解ではない。
そんなことは私には分かり得ないものである。
一つであったとしても、複数であったとしても、今の自分たちが、我々人間が、そこで言うところの「正しい」を知り得ているとは思えない。
だからこそ、柔らかくありたいものである。
先日、そんなことをあるスタッフと話していた。
対人援助の仕事なんてしていると、どうしても「正しい」とか「間違ってる」なんて振り分けをしてしまいがちになる。
続けて出てくる言葉は大抵「だって~だから」というもの。
そんな理由づけの中身は、誰かが言っていたものであったり、どこぞに書いてあったもの、そして以前経験した出来事…。
それは知識であって、目の前のことに対して生み出した知恵の産物ではないものである。
そして、そんな振り分けは、いつも後ろめたさと後悔を引き寄せてくるもの。
そんなことを思うこの頃である。

2018年02月24日

友愛会の支援者への手紙 23

 

「自立支援」について

このところ医療・介護・福祉などの支援現場において、声高に「自立支援」とうたわれている。
何でもかんでも至れり尽くせりの手助けは良くない。
その人が出来ることが損なわれないようにする。
そういった意味合いで広く使われているのであろう。
医療や介護においては、とりわけADL(日常生活動作:食べる、移動する、排泄する、整容を整える、入浴するといった活動)の自立度と併せて使われる言葉である。
福祉の領域、特にホームレス支援や障がい者支援、生活困窮者支援においては、経済的自立(就労支援など)や衣食住の自立(独居生活・世帯生活の支援)と併せて使われることが多い。
どれも大切なことである。
ただ、支援者の“さが”なのか、「早くしなくては」と考える支援者が多いため、支援・援助の過程で必要以上に先回りしたり、急かしたりしてしまう状況が少なくないと思える。
自立支援と言うならば、ゆっくりであっても、たとえ充分な状況でないにしても、その人自身がやっていくことが大切であり、支援者は「相談者」であり「伴走者」であるべきなのだと思う。
しかし、かたや自立支援という言葉を引用して、「ほったらかし」のような状況を作ったり、その人が本当にできないことまで求めたり、そして、ともすれば支援の仕方が分からない時の言い訳にしてしまっているような状況も少なくはないと感じる。
「相談者」、「伴走者」だけでなく、「理解者」でもあるべきなのだと思う。
ちよっとここで昔話をしたい。
鎌倉時代、忍性という律宗の僧がいた。鎌倉にある極楽寺の開僧である。
忍性は、「社会福祉活動の先駆者」と言われることもある。
彼は鎌倉に建立した療病施設「桑谷療病所」で、当時差別を受けていたハンセン病者や身体・精神・知的障がい者、その他の病者の救済・療養にあたった。
20年間で57,000人以上の救済・療養にあたったと伝えられている。
忍性にまつわる話の中で、自立支援のあり方を考えさせられる話がある。
彼は、ハンセン病のため歩けなくなった奈良坂(奈良の街はずれ)の男を、毎日毎日、奈良の市まで背負って送り迎えし、その男が乞食での生計が成り立つように奔走したという。

友愛会で色々な人とかかわり、その人たち一人一人の「自立」を一緒に考える中で、いつも思うのは、「待つこと」と「頑なにならないこと」である。どれだけ時間がかかっても、どんなに変化しても、その人が考えて行動することこそが「自立」でありそれを手助けすることが「自立支援」だと思う。
もちろん、その考えさえも頑なにならないようにせねばである。

2018年02月16日
» 続きを読む